ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

有機食品だけで2週間生活したら、体に大きな変化があった(調査結果)

有機食品だけで2週間生活したら、体に大きな変化があった(調査結果)
The Huffington Post | 執筆者:Alena Hall | 投稿日: 2015年05月25日

http://www.huffingtonpost.jp/2015/05/21/one-family-went-organic-two-weeks_n_7349268.html


********************************一部転載***

スウェーデンのスーパーチェーン「コープ」とスウェーデン環境研究所(SERI)が、それを調べるための実験を共同で行った。

実験に参加したのは5人家族のパルムベリ家。実験は21日間におよび、最初の1週間は一家は化学肥料や農薬、遺伝子組み換え技術を使った従来の農法で作られた農産物を使った食事を食べた。そして一週間後に全員の尿を採取してSERIの研究所で分析した結果、尿からはさまざまな種類の殺虫剤や殺菌剤、植物成長調整剤が検出された。


その後パルムベリ一家は、今度は2週間にわたって有機食品のみを使った食事に切り替え、石鹸などのパーソナルケア用品もオーガニック製品のみを使った。この期間中は毎日尿を採取した。

その結果、大きな変化が見られた。報告書によれば、パルムベリ家の人々の体内の農薬の量は、オーガニック生活に切り替えた次の日から目に見えて減少し、2週間が終わる頃には、一家の尿の中には農薬や化合物はほとんど観察されなくなったという。


化学肥料や農薬を使った従来の方法で作られた農産物と比べて、有機農法で作られた農産物の方が栄養が豊富であるということは、すでに別の研究からわかっている。イギリスのニューカッスル大学で2014年に行われた研究によれば、ポリフェノールなどの抗酸化物質の濃度は、従来の方法で作られた農産物よりも有機農産物の方が18~69%高くなるケースが見られたという。

だが、有機農産物を選ぶ理由は栄養の摂取量を増やすことではなく、むしろ農薬の摂取量を減らすことにある、とアメリカの医療研究機関、メイヨー・クリニックは指摘する。実際、有機農産物を選ぶことで農薬の摂取量は大幅に低くなる。しかし一方で、それが健康にどのような影響を与えるかについては、まだ研究者たちの意見は分かれている。(略)



最近では、化学肥料に含まれる重金属のカドミウムについて人体に与える影響や、カドミウムを多く含む食材を調べたこれまでの研究を、さらに分析する調査が行われた。その結果、有機農産物に含まれるカドミウムの量が、従来の農法で作られた農産物に比べて50%近く少ないことが明らかになっている。

ミズーリ州のセントルークス病院で心臓血管分野を研究するジェームズ・ディニコラントニオ氏はこの分析は、カドミウムが健康に与える影響を知る上で役立つと評価する。

ディニコラントニオ氏はハフポストUS版の取材に対し「カドミウムの摂取量が減ることで、心血管疾患やがんのリスクが低くなり、死亡率が20%低下する可能性があります。また、フラボノイド(ポリフェノールの一種)の摂取が増えることで、心血管疾患のリスクが35%低下するとも考えられます」と回答した。

********************************転載終わり***


電磁波(低周波)と白血病の研究を世界発表したのもスウェーデンだったよね(^-^)やるね!

参照:1992年、スウェーデンカロリンスカ研究所が過去25年間に22~40万Vの高圧送電線周辺に住んだことのある約44万人を対象に行った「スウェーデンの高圧送電線の近くに住む人たちにおける磁界とガン」という調査研究を発表しました。
その結果、「3mG以上の被爆で小児白血病の増加は3.8倍、2mG以上では2.7倍」となり、電磁界と小児白血病、小児ガンの間には有意義な関連性が認められることとなりました。


異論反論あるでしょうが、信じた者、食べた者が結果、健康や幸せを手に入れることができるのなら、それでいいと思います。無理して無農薬、有機、自然栽培だって押しつけなくても。

食べればわかるし、、、、美味しいし、野菜の本当の味がする、ご飯がうまい、って(^-^)

有機栽培にもピンキリあるので、相性の良い農家さん、農産物に出逢えると本当に幸せなことだと思います。(い)