ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

幻想的な非日常空間でリフレッシュしてみたい(^-^)

イメージ 1

イメージ 2

「地下約120メートルにあるテーマパークが幻想的すぎる」

2015年5月25日 共同通信社 記事提供元:TABIZINE
http://www.kyodo.co.jp/release-news/2015-05-25_1492677/

****************************以下、記事一部転載**

東欧、ルーマニアにある「Salina Turda」は、地下約120メートルのところに作られたテーマパークです。

その他、ミニゴルフコース、円形劇場、ボーリングレーン、遊具、木製のアトラクションなどがあります。なにしろ、地底に作られているので、普通の遊具までなんだか普通のテーマパークとは違う雰囲気に見えますね。

元々は岩塩鉱だった。
なぜ、こんな場所にテーマパークがあるのでしょうか。

Salina Turda塩鉱山は、17世紀から発掘され、この鉱山で取れる岩塩によってローマ人に多くの富をもたらしたと言われているほど、歴史のある世界最大クラスの塩鉱山でした。

1932年には発掘が中止され、その後、第2次世界大戦の時には防空壕や弾薬の貯蔵庫としても使われました。1992年には一般に公開されるようになり、塩鉱山の博物館兼テーマパークとなり、現在は、観光のお客さんで賑わっているのだそうです。

地底には日の光が届かないため、日中でも夜のテーマパークを訪れているようで幻想的。ルーマニアを訪れた際には、是非、「Salina Turda」を体験してみてはいかがでしょう。

*******************************転載終了***

いや~~、電磁波汚染少ないでしょう、たぶん。やっぱりWifi完備なのかな(^_^;)

「塩鉱山」というのが、とても魅力的、岩塩で浄化され、癒されるでしょうね。

ルーマニアがどこにあるか?はっきり世界地図で示せませんが、とても興味あるニュースですなぁ(^-^) (い)