ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

チャリライフいいね!~「アムステルダム、自転車促進で街並みが激変」

イメージ 1

アムステルダム、自転車促進で街並みが激変【30年前との比較画像】
http://www.huffingtonpost.jp/2015/05/28/amsterdam-bicycles_n_7457120.html

オランダ・アムステルダムの街の昔と今を比較した画像が、Twitterで話題だ。狭い通りを自動車がひしめく灰色の風景が、スタイリッシュな街並みに代わったことがわかる。

排気ガスなどが問題になっていた1972年、アムステルダムの市民は、通りから車を減らそうという運動を展開。30年後をイメージして自転車中心の街に変えようと、国を巻き込んでサステナブルな環境づくりが進められた。

*****************************転載終了*****

これ以上、空気を汚したくないので、1日も早く化石燃料を使わない暮らし、コミュニティ形成を望んではいますが、現状は車に頼らざるを得ない中で、ニューエイジ達の脱化石燃料ブームはいい方向だと感じています。

ただ、都会では事故も増えているようで、自転車保険や法制が整備されていくようです。




自転車事故急増で法律重罰化!意外な14の危険行為、犯すと講習&受講料徴収
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150529-00010000-bjournal-bus_all

自転車事故の増加を受けて、6月1日から自転車に関する法律が変わります。

 これからは、14歳以上の人が自転車で危険な行為を行い、3年以内に2回以上違反すると、自転車運転者講習の受講が義務付けられます。

 この「危険な行為」は14項目あり、その内容と運転ルールをご紹介します。

(1)信号無視:信号は守る
(2)遮断機が下りた踏切への立ち入り:遮断機が下りた踏切に入らない
(3)一時停止指定場所での不停止:一時停止の「止まれ」の標識がある場所では、一旦止まって地面に足をつけ、安全を確認する
(4)歩道通行時の交通法違反:歩道では歩行者優先で、車道寄りを走る
(5)ブレーキ不良自転車:ブレーキがない自転車や効きが悪い自転車は整備をする
(6)酒酔い運転:飲んだら乗らない
(7)一方通行などの通行禁止違反:「自転車は除く」との表示がない一方通行路には進入しない
(8)歩行者専用帯での徐行違反:歩道を運転する場合は、スピードを落として乗る
(9)通行区分違反:道路の左側を走る
(10)路側帯での歩行者の通行妨害:歩道がない路側帯を走るとき、歩行者の邪魔をしない
(11)交差点での安全進行義務違反:交差点では、特に車や歩行者に注意して運転をする
(12)交差点での優先車妨害:道路標識を確認し、優先道路を走る車両を優先する
(13)環状交差点での安全進行義務違反:道路が円形になった環状交差点では、周囲の車や歩行者に注意をして運転する
(14)安全運転義務違反:傘さし運転や二人乗り、携帯電話で話をしながら、イヤホンで音楽を聴きながらの運転はやめる


これ以外にも、6月1日からいろいろ変わるみたいですね。
新たな社会形成にむけて、しっかりアンテナはって情報収集しながら、国の行方、人々の未来への関心も忘れずに暮らしていきましょう。