ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

久しぶりのNPO仲間との再会とこれからのビジョン

イメージ 1

6月4日から昨日まで、横浜のNPO仲間が訪ねてきてくれて、久しぶりに長い時間、都市部での現状について話を聞くことができました。


最初の電磁波過敏症仲間となった岩○さんとは、10年近い付き合いになります。
横浜にいる時に、過敏症のイロハを、様々な市民団体の会合に連れていってくれたりしながら教えてくれた、過敏症の大先輩、先生です(^-^)

過敏症の転地療養、避難施設を探している時も、キャンプ村開設の際にも、多大な協力と支援を続けてくれている、良き理解者であり、仲間、同志ですが、現在の都市部、我が故郷、横浜の状況は、さらに電磁波汚染が急速に広がっていて、不眠の日々に苦しんでいるとの事でした(^_^;) 


5日には、前日、会津若松で講演をされていた、NPO法人市民化学研究室の上田昌文代表も、南会津へ来訪くださって、キャンプ村の視察や、これからの電磁波研究、科学研究テーマについて熱い議論ができました。

NPO法人 市民科学研究室
http://www.shiminkagaku.org/


上田さんと岩さんと3人で、惇子さんお手製の酵素玄米ランチをいただきながら、数時間ですが、これからのビジョンをお話できて、今後、定期的な協議や、具体的な研究実践へと進んでいくと思います。



岩さんは、数日ですが、酵素米食食養生や早寝早起、温泉など、南会津でのプチ療養を満喫して、今朝、5度という真冬のような気温の中、夜明け前に横浜へ戻っていきました。

有志の皆さんにも協力や支援をお願いしていくことになる、電磁波影響の研究実践については、今後、逐次レポートしていきたいと思います。(いけや