ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

来春施行の「障害者差別解消法」で社会がどうシフトするか、できるか?

イメージ 1

国連の「障害者の権利に関する条約」の締結に向けた国内法制度の整備の一環として、全ての国民が、障害の有無によって分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会の実現に向け、障害を理由とする差別の解消を推進することを目的として、平成25年6月、「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(いわゆる「障害者差別解消法」)が制定されました(施行は一部の附則を除き平成28年4月1日)。

障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律
http://www8.cao.go.jp/shougai/suishin/sabekai.html


我が国の障害者施策の動向と大学等における今後 ... - 日本学生支援機構
http://www.jasso.go.jp/tokubetsu_shien/event/documents/h25sympo_mext.pdf



この法律では、主に次のことを定めています。

①国の行政機関や地方公共団体等及び民間事業者による「障害を理由とする差別」を禁止すること。

②差別を解消するための取組について政府全体の方針を示す「基本方針」を作成すること。

③行政機関等ごと、分野ごとに障害を理由とする差別の具体的内容等を示す「対応要領」・「対応 指針」を作成すること。

 また、相談及び紛争の防止等のための体制の整備、啓発活動等の障害を理由とする差別を解消するための支援措置について定めています。


<障害を理由とする差別とは?>

障害を理由として、正当な理由なく、サービスの提供を拒否したり、制限したり、条件を付けたりするような行為をいいます。

 また、障害のある方から何らかの配慮を求める意思の表明※があった場合には、負担になり過ぎない範囲で、社会的障壁を取り除くために必要で合理的な配慮(以下では「合理的配慮」と呼びます。)を行うことが求められます。

こうした配慮を行わないことで、障害のある方の権利利益が侵害される場合も、差別に当たります。


<社会的障壁とは?>

障害のある方にとって、日常生活や社会生活を送る上で障壁となるようなものを指します。
1)社会における事物(通行、利用しにくい施設、設備など)
2)制度(利用しにくい制度など)
3)慣行(障害のある方の存在を意識していない慣習、文化など)
4)観念(障害のある方への偏見など) などがあげられます。



参考)日本学生支援機構「障害学生修学支援情報~支援・配慮事例」
http://www.jasso.go.jp/tokubetsu_shien/2014jirei_top.html


参考)全国障害学生支援センター
http://www.nscsd.jp/

*************************以上、転載*****

3年前にキャンプ村で療養していた方が、久しぶりに短期療養で先週来訪されました。

一緒に療養していた当時中学生だった娘さんと一緒で、大学受験を控えての相談で、この「障害者差別解消法」について詳しく学ぶ機会があったので紹介します。

私も情報収集しはじめたばかりなので、この法施行によって私達がすべきこと、また、法施行前にすべきことなど、自問自答しながらの情報発信になります。


主な相談は、大学など教育機関における対応、対策についてでしたが、対象となる国の行政機関、地方公共団体、また、民間事業者において、様々な差別的取扱の禁止や合理的配慮の義務などは、急増する大気汚染(香料/有害柔軟剤・化学物質・放射能)や食品(農薬・添加物)汚染、ワイヤレス電磁波汚染など、生活環境汚染によって悩み苦しむ「環境病」発症者としても、目に見えない障害として、広く、強く、みんなで訴えることが必要だと感じました。


さらには、現在、この法施行を控えての対策協議をされている関係団体が数多くあるようですから、動ける過敏症さんは、一人でも多くの方が自治体や公共施設に出向いて、目に見えない環境汚染、生活障害の良きアドバイザーとして、丁寧に、慎重に、かつ、大胆に今後の障害差別解消につながる対応、対策への取り組みをお願いしていくことが大切だと思います。


これらの対応は、学校給食や、緊急時・自然災害時の避難や食糧配給などにも関係しますので、食物アレルギーやアトピー、CSにとっての生命線でもある「汚染されていない水と食糧」の確保についても、この法施行をチャンスとして動いていきましょう!


歯科金属問題についてと並行して、この障害者差別解消対策についても、定期的に情報発信、考察を続けていきたいと思います。(いけや