ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

「電磁波アレルギー」に障害者手当の受給認める

携帯電話、スマートフォンWiFi、コードレス、ワイヤレス、ブルートゥース、ディザリングetc、とめどなく増えていく電磁波汚染で、まともな感覚を維持するのが本当に大変な世の中になりました(^_^;)

パンデミックもそろそろでしょうか。
家族揃って、耳鳴り、偏頭痛、不眠、震え、しびれ、めまい、低体温etcの電磁波曝露症状を訴え出す時が近づいていると感じます。

早めに気づいて、まず無線を有線に(^-^)

*************************以下、転載****


「電磁波アレルギー」に障害者手当の受給認める、仏裁判所
http://www.afpbb.com/articles/-/3058559


【8月27日 AFP】フランスの裁判所はこのほど、携帯電話など身近な電子機器から発せられる電磁波が原因で重度のアレルギーに悩まされていると訴えていた女性に、障害者手当の受給資格を認めた。

 申し立てを行った元ラジオドキュメンタリー番組プロデューサーのマリーヌ・リシャール(Marine Richard)さん(39)は、電磁波過敏症(EHS)に苦しむ人々にとって「突破口」になったと判決を歓迎している。

 EHSはフランスを含む大半の国々で、医学的疾患として認められていない。しかし、患者だという人々は携帯電話や無線ルーター、テレビなどに近くで接することで、軽い不快感から生活に支障が出るほどの身体的障害までさまざまな症状が引き起こされると主張している。

 科学的研究では、電磁波への暴露と、頭痛やうずき、疲労感、吐き気、動悸などの症状との関連を示す証拠は発見されていない。

 リシャールさんは、仏南西部の山あいで世捨て人のような生活を送ることを選んだ。納屋を改装した自宅には電気製品はなく、飲料水も井戸水を利用しているという。

 仏南部トゥールーズ(Toulouse)の裁判所は先月、リシャールさんが訴える症状が仕事の妨げとなったと判断し、毎月約800ユーロ(約11万円)の障害者手当を3年間受給する権利を認めたものの、EHSを疾病と認定はしなかった。(c)AFP