ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

豪雨被害のその後(^_^;)給水施設と土砂崩れの復旧

報告が遅くなってご心配をかけました。ごめんなさい。

連休にお子様連れのキャンプ村短期利用者さんがあったため、被災後の復旧からバタバタと今日までブログ更新もできずにきてしまいました。


会津での豪雨被害は、日に日に大変であることが情報として流れてきています。
(実際にその場に行ったり、関係者に話を聞く時間が無く、人づてに聞いた話ですが(^_^;)

川沿いの工場が流され、材木やトラックが流出してしまった知り合いの材木業者さん。
未だに数十センチの土砂が工場内に残り、復旧作業に追われているそうです。

また収穫直前の自慢のお米も、日照不足と今回の豪雨でピンチな状態だそうです。

国道も流され、仮復旧のため、たくさんの土砂をつんだダンプカーが走っています。


キャンプ村においては、伏流水の給水設備が見事にすべて流されてしまい、数日断水してしまいましたが、地元の設備業者さんが尽力してくださって、復旧できました。
(月末に届く請求書が恐ろしいですが(^_^;)


国道からキャンプ村へとつながる町道の土砂崩れは、日々、ダンプカーとショベルカー、ローダーなどが復旧作業しつつ、他の場所の復旧資材を運びつつ、酷いでこぼこ道ではありますが、どうにか車が通行できております。

キャンプ村から登山口方面に向かう途中の沢の排水口が埋まってしまって、キャンプ村の橋まで町道が清流が流れる沢になっておりますが、それも小さなユンボが運び込まれて、復旧作業が昨日から始まりました。


荒海山、田代山、登山や紅葉を楽しむアウトドアシーズンではありますが、安全の確保ができないために通行止めになっているようです。



国道通行止めによる物流(宅急便)停止も連休前には解消して、食材も無事に届いておりますので、キャンプ村の利用者さん達&スタッフ、とりあえず大丈夫です。
ご心配のメールやお電話をたくさんいただきまして、ありがとうございました。

取り急ぎご報告まで(いけや