ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

ロハスな妄想企画1「静電気の起きない快適ナチュラル防寒着」

イメージ 1

愛用しているインナーダウンは、すべてナイロン製(^_^;) 冬場の静電気はハンパ無いです。

氷点下10度を超える南会津で越冬している時には、コットン100%のタートルネックに、カシミヤタートルネックを重ね着して、その上にインナーダウン(薄手のライトダウン・ナイロン製)か厚手のダウンジャケット(ナイロン製)を羽織っていました。

下は、コットン100%の長ズボン下(いわゆるパッチ)に、インナーダウンパンツ(ナイロン製)を履いていれば、充分暖かく過ごせるのですが、とにかく静電気に弱い体質なのか、電磁波過敏の一症状なのか、帯電することで身体全体に湿疹ができてしまって、痒みに苦しむ毎日になります。


そこで、今年は探してみました。心地良いナチュラル防寒着を(^-^)

コットンやシルク、せめてウールまでかな、許せるのは。
とにかく100%天然素材の生地を使用したダウンジャケットとか暖かな防寒着。

7~8万円する逸品(ダウンジャケットBROWN by 2-tacs)を見つけましたが、買えるわけもなく却下して、その他、いろいろ検索するものの、裏地に化繊、ポリエステルを使っているか、表裏どちらも化繊、ナイロンorポリエステル製しか見つからないと思います。


静電気対策として、着合わせ表を紹介してくれているサイトがあります。
http://www.garafaku.com/ele/03action/hold03.html


衣類メーカーやデザイナーさんは、この事実をしった上で製作しているとは思えないほど、どこを探しても化繊メインで、ひどいものはナイロンとポリエステルとか、一番静電気が起きやすい離れた素材同士を表裏生地に使った服なんて着ていられないでしょう。
髪の毛が逆立ちます(>_<)ゞ 触りもできない。



そんなことばっかりの10年間(過敏症発症から)だったので、今回の妄想企画室開設です。


その第1弾 「静電気の起きない快適ナチュラル防寒着」

無ければ、視点を変えて温故知新、旧き良き防寒具にヒントを得て、アレンジするしか無い。

予算は2万円までじゃないでしょうか。
その中でいろいろ考えました。


1)コットン100%の綿入り半纏(宮田織物 http://www.e-miyata.com/item/663.html)に、背負い真綿で背面部を増強した防寒着にする。
 ※注文品届きました(^-^)ケミカル臭少なく、2~3回の脱臭洗濯で使えそうな良品です。


2)無印良品オーガニックコットン裏毛ジップブルゾンやヨットパーカー(3~4千円)を同色2サイズ購入して、重ねる間に真綿を入れ、キルティング縫製した手作り防寒着にする。


3)ハート製の有機ウール肌ふとんをリフォームして、どてら風防寒着にする。


4)ハートさんにお願いして、高密度オーガニックコットン生地(複層)で作ったパジャマに有機ダウンを入れた、オーガニックインナーダウンジャケットとパンツを特注する。
 ※そこそこのお値段になると思いますが(^_^;)


5)同じくハートさんに、電磁波過敏症対応として、表が本麻、裏地がシルクの生地で作ったパジャマに有機コットン、もしくは真綿(入金真綿 http://www.silk-kutani.com/flosssilk.html )を入れた、オーガニック&スペシャルインナージャケットとパンツを特注する。
 ※それなりのお値段になると思いますが(^_^;)


上記、いずれも、内側にいくつか薄手生地のポケットがあって、使い捨てカイロを入れておける配慮もして、氷点下20度くらいまで暖房無しで耐えうる、最強のナチュラル防寒着を目指せればいいなぁ、と極寒地に暮らす企画室長としては心から思います。

手足が冷える方も多いので、同時に、オーガニックミトンや綿入り(ダウン入り)ルームシューズもラインナップしたいですね(^-^)

ハートさんとはお取引があるので、冗談半分で製作可能か、何着で幾らくらいでできるのか?なんて、提案書でも送ってみようかとも考えています。

賛同いただける方、興味のある方は、是非ご一報ください。(かば室長(^-^)