ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

ウルトラマラソン世界記録保持者がベジタリアンのわけ

記録を打ち立てたのはスコット・ジュレク氏。アテネ―スパルタ間を走るスパルタスロン(246km)三連覇、ウェスタンステーツ100(161km)7連覇、24時間走元アメリカ記録保持者(266.01km)と、数々の記録を樹立し続け、ウルトラマラソン界では知らない人のいないスーパーレジェンドだ。

そのジュレク氏、実はビーガン(完全菜食主義者)としても有名なのだ。究極的に体力を消耗するのでウルトラマラソンを続けながらも肉類は一切食べていない。(略)

――具体的にはどのようなものを食べるのですか?
ジュレク氏:「エナジーバーなどに加えて普通の食事も摂ります。

走っている最中はおにぎり、ブリトー、ポテト、バナナなどを食べて炭水化物を補給していました」

――おにぎり!
ジュレク氏:「ええ、おにぎりは走行中の炭水化物補給には最適ですね。日本でレースに出た時にヒロキさん(プロトレイルランナーの石川弘樹さん)から教わりました」

******************転載終了************
余計なコメントはいりませんね。おにぎりがやっぱり一番ってことです。
記事全文リンクはコチラ(^-^)是非ご一読ください!


「3500kmを走るウルトラマラソン世界記録保持者がベジタリアンのわけ」

http://www.excite.co.jp/News/bit/E1445502974829.html