ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

ウェアラブルな危険センサーが欲しい

サラッと環境超汚染時代に向けた商品企画アイディアのメモです。


3.11後に、様々な計測器を手にしてきましたが、持ちやすいようなサイズなのは分かりますが、基盤など中身はスカスカだし、最近ではスマホでもアプリとアダプターくらいで代替できる時代になっているようなので、たぶんもっとコンパクトに、多機能に、ウェアラブルになるように感じています。


まぁ、素人が扱うとこの手の測定は、デマやパニックにつながるので、普及はしないと思いますが、ちょっと近未来風に、攻殻機動隊チックに、ヘルメットとかガスマスクが必須の世の中になっていくなら、メガネやメットスクリーン投影タイプも格好いいかもしれません。


私が当時思ったのは、外出用はリストバンド風で、手首やバックパックメッセンジャーバッグの肩掛けに巻くようなイメージです。


あと、コンパクトな乗用車で、防音性や気密性が高く、外部の日時、温度、湿度、気圧、酸素濃度、TVOC量、PM2.5、高周波(WIFI)、放射線量などが、メーターパネルやフロントガラス(スクリーン)に表示されるイメージ。


バックトゥザフューチャーのように、水で走る車とか、野菜や果物の皮とかで動く車が、はやく実用化されるといいですね。

ルノー・日産が水と空気で走れる電気自動車を2017年に発売するって言ってたのに、ゴーンさんがゴーンしちゃったから、消えるのか、それとも発売が早まるのか?


欲張らずに、小さくていいですから、マーチでも、軽でも、てっきりノートe-powerイクラスバージョンだと思って待ってるのにねぇ、、、、。







ただそれだけの妄想メモです。お気になさらないでください。


ピンと来た方は、今すぐパクって設計図を描き始めてください。